二世帯住宅で建替需要掘り起こしへ、世代を超えた住み継ぎも | 住宅産業新聞

二世帯住宅で建替需要掘り起こしへ、世代を超えた住み継ぎも

二世帯住宅による建替需要掘り起こしへ向けての取り組みが強まる。

積水化学工業住宅カンパニーが1日発売した『3世代ハイムかげやまモデル』は、祖父母とその子世代が協力して孫世代を育てる提案。旭化成ホームズが昨年商品化した『イコイ』と方向性を同じくする。同様に、都市部の狭小敷地の有効活用では、賃貸併用タイプの二世帯商品投入も活発化。三井ホームと住友林業が3階や4階建てを展開する。一方で、大和ハウス工業の『ジーヴォ・ユウ』は、「ライフサイクルプランニング」をコンセプトに世代を超えて住み継がれる住まいを目指す。

2011年3月2日付け1面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)