積水化学、3世代対応のかげやまモデル、二世帯に強み付加 | 住宅産業新聞

積水化学、3世代対応のかげやまモデル、二世帯に強み付加

積水化学工業住宅カンパニーは、セキスイハイムに『3世代ハイムかげやまモデル』を発売した。

陰山英男立命館大学教授とのコラボ「かげやまモデル」で培ったノウハウと入居者調査を踏まえ、二世帯住宅に同モデルの強みを付加することで、より子(孫)育てしやすい住まいを提案する。親(祖父母)と子の両世代間の「独立と協力」をコンセプトに、孫の学習と生活習慣を支える住環境を実現。

3世代住宅の需要拡大と差別化を図り、2011年度に3世代モデルで300棟の受注を目指す。

2011年3月2日付け2面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)