地域工務店が「創エネ」住宅、ミツヤジーホームとガデリウスがプラスエナジーハウス | 住宅産業新聞

地域工務店が「創エネ」住宅、ミツヤジーホームとガデリウスがプラスエナジーハウス

地域工務店のミツヤジーホーム(本社=長野県長野市、安江高治社長)とガデリウス(東京都港区、ヨスタ・ティレフォーシュ社長)は9日、住生活上の消費エネルギーを上回るエネルギーを生み出すことがコンセプトの「プラスエナジーハウス」のモデルハウス(長野市川中島)を公開した。

熱交換効率83%の熱交換換気システム、メーン窓に熱貫流率0・9ワット/平方メートルKの木製三層ガラス窓などを採用した同住宅の性能は、熱損失係数0・58ワット/平方メートルK(計算値)。ミツヤジーホームは来月、モデルハウスとほぼ同等性能の「創エネ」となる注文住宅の販売を始める予定だ。

2011年2月16日付け3面から抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)