大和ハウス工業、富裕層向け高級戸建住宅の提案強化=実棟モデルで設計提案力示す

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は2日、都市部の富裕層向けに販売中の最高級戸建住宅商品「ウッドレジデンスMARE(マレ)」の同社初となる実棟モデルハウスの報道関係者向け見学会を開催した。

同住宅は、東京・世田谷代沢の高級住宅街に建つ地下1階・地上2階建ての混構造の建物で、土地と建物を含む想定価格は「総額5億円超」という。

1辺が約12メートルのほぼ正方形の敷地は、最大高低差3・5メートルの道路に接する傾斜地で、3方向は住宅が隣接する。設計者は、敷地や周辺の環境を徹底的に読み込み、2台分の駐車スペースを確保しつつ、近隣の視線を遮りながらバルコニーと連続する開放的なLDKを実現した。

「自由な設計が可能な住宅展示場とは異なり、実棟は厳しい条件・制限下での設計者の力量が試される」(同社)という。同物件をテコに最高級戸建住宅の受注拡大を目指す。

2022年12月20日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)