大和ハウス工業・最高級ブランド投入の狙い=富裕層世帯の増加に対応

大和ハウス工業は4月27日、記者向け新商品発表会をオンラインで実施し、大友浩嗣取締役常務執行役員が最高級戸建住宅商品投入の背景と狙いを説明した。

コロナ禍で新設住宅着工戸数が下落傾向のなか、「1棟あたりの請負価格が5千万円以上となる高価格帯商品のシェアが上昇している」というのが主な理由だ。

大友常務によると、大手・中堅住宅メーカー9社の戸建住宅請負本体価格5千万円以上の割合は、12年度の4・3%から19年度は7・5%まで拡大しているという。大和ハウス工業では、高価格帯商品群における請負本体価格5千万円以上の売上件数は、コロナ前と比較して120%(52件から63件に増加)となった。

高額商品好調の背景には、富裕層世帯の増加があるという。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2021年05月13日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)