昨年4月のコロナ禍「経営に危機感」、TOTOの清田社長=理念共有のグループ一丸で対処

非常に危機感を覚えたものの、「どうしても親切が第一 奉仕観念」「良品の供給、需要家の満足が掴むべき実体」との創業時から引き継いできた経営理念を社員が共有化できていたことで、各人が能動的に動き、グループが一丸となって対処することができた――。

TOTO(福岡県北九州市)の清田徳明社長は4月28日に行った2021年3月期決算および「新共通価値創造戦略 WILL2030」説明会における質疑応答の中で、昨年4月の社長就任早々、本格化した新型コロナウイルス感染拡大による経済と社会の混乱に直面した時の感想を聞く住宅産業新聞の質問に対し、冒頭の主旨となる率直な心情を吐露した。質疑応答の全発言は次の通り。

2021年05月13日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)