住友林業と日建設計、木質梁とRC床版の合成梁構法を開発=梁せい抑えて長尺化可能に

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は5月27日、木質梁とRC床版を接合した「合成梁構法」を日建設計(東京都千代田区、大松敦社長)と共同開発したと発表した。

木質梁そのものに凹凸をつけてRC床版とつなげる「のこぎり形接合」により、ロングスパンを実現しながら梁せいを抑えることが可能となった。オフィスや学校、病院などの中大規模木造建築の普及につながるとする。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月14日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)