ミサワホーム、豊田市美術館の展覧会にバウハウスコレクション24点を出展

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は6日、豊田市美術館(愛知県豊田市)で9月4日まで開催中の展覧会に特別協力し、同社が所蔵するミサワバウハウスコレクションの作品24点を出展すると発表した。

同社が特別協力するのは「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」展。西欧を中心に日本を含む各地でさまざまな「モダン」の形が現れた1910年代から30年代の作品を展示。当時の作家たちが国やジャンルを越えて同期し合い、共鳴しながら探求したいくつもの「モダン」の形を約400点集結して紹介する。

同社コレクションからは、グンタ・シュテルツル「テキスタイルのデザイン」やエーリッヒ・ディークマン「小椅子」などを展示。ミサワホーム総合研究所の学芸員が展覧会の図録にブルク・ギービッヒェンシュタイン美術工芸学校に関する論文を提供する。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月14日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)