【トレンドナビ】一条工務店、2年連続ギネストリプル達成=販売棟数・PV搭載・工場面積で

一条工務店(東京都江東区、岩田直樹社長)は1月19日、「最新年間で最も売れている注文住宅会社」「最新年間で最も多くの太陽光搭載住宅を建てた会社」「最大の工業化住宅工場」の3項目でギネス世界記録に認定されたと発表した。昨年に続き、2年連続で世界記録のトリプル達成となる。同社は「お客様に選ばれる住まいづくりを目指し、今後も努力を続けてまいります」とコメントしている。今回、「世界一」に認定された実績を詳しくみてみよう。

ギネス世界記録は、様々な領域・分野の「世界一」を集めた書籍のこと。1955年の初版発売以来、100ヵ国以上で累計1億3800万部以上の売上げを誇るという。

世界記録を収集、認定する組織・ギネスワールドレコーズによると、世界記録として認定されるには、(1)計測可能(2)記録更新が可能(3)標準化可能(4)証明可能(5)計測が1つの基準においてなされている(6)世界一である――の全基準を満たす必要があるとしている。特に、企業の実績などを認定する場合は、第三者機関による市場調査レポートなどを証拠記録として提出しなければならない。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年02月01日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)