断熱関連各社=低炭素住宅認定制度に対応した支援が充実、申請図書の作成も | 住宅産業新聞

断熱関連各社=低炭素住宅認定制度に対応した支援が充実、申請図書の作成も

住宅部品メーカーによる低炭素住宅認定制度に対応した工務店やビルダー向けの支援・サービスが充実してきた。

窓を扱うLIXILとYKKAPは、同制度の基準を満たすための技術的な相談や申請図書の作成などを支援する有料のサービスを開始した。断熱材メーカーは、制度の概要から施工ポイントまでを解説するセミナーを順次開催し、認知度を高めている。低炭素住宅として認定された建築物は、税制などの優遇措置を受けることができる。

関連メーカーは工務店・ビルダー向け支援を強化することで、住宅の省エネ化を推進する。

2013年4月11日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)