21年度補正予算、子育て世帯・若年夫婦世帯向け住宅支援、リフォームも

11月26日に閣議決定した2021年度補正予算のうち、国土交通省は子育て世帯、若年夫婦世帯向けの省エネ住宅などの取得・改修支援策に国費542億円を組んだ。

政府の「新しい資本主義」の方針に沿い、「分配」を切り口にし、1戸あたり最大で100万円を補助する。共働き世帯が増加して住宅価格が引き上がる中、ポイントよりも補助金の形で住宅取得を後押ししたい考え。新築住宅の取得だけでなく節水型トイレや高断熱浴槽、高効率給湯機などを設置するリフォームも対象にできる。改修は、補助額や要件が異なるが、若年世帯以外も対象とする。

同事業の補助金の申請は事業者が行い、契約を結んだ発注者・購入者に事業者が還元する仕組みにした。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2021年12月02日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)