住団連景況感調査・2021年4~6月総受注見通し、大幅プラス=ハードル低く「想定通り」 | 住宅産業新聞

住団連景況感調査・2021年4~6月総受注見通し、大幅プラス=ハードル低く「想定通り」

住宅生産団体連合会(会長=阿部俊則・積水ハウス特別顧問)は10日、経営者の住宅景況感調査の2021年度第1回分をまとめ、公表した。戸建注文と戸建分譲、低層賃貸を合わせた総受注戸数・総受注金額の景況感指数は、21年1~3月の実績が戸数マイナス41ポイント・金額プラスマイナス0ポイント、同年4~6月の見通しは、戸数プラス65ポイント・金額プラス70ポイントとなった。見通しの比較対象期間(20年4~6月)は、新型コロナウイルスによる初の緊急事態宣言発令で集客・受注活動が一時停止し、先行きが全く見通せなかった時期でもあり、景況感の大幅プラスは想定通りといえそうだ。ただし、今回の調査時期が3回目の緊急事態宣言発令前だったため、見通しに対する実績の下振れ懸念がある。

2021年05月20日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)