◎ミサワなど4社、藤沢市のPFI参画「アスマチ藤沢藤が岡」、公共と民間複合施設でスマートウエルネスタウン◎ | 住宅産業新聞

◎ミサワなど4社、藤沢市のPFI参画「アスマチ藤沢藤が岡」、公共と民間複合施設でスマートウエルネスタウン◎

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)など4社が、神奈川県藤沢市(鈴木恒夫市長)との契約に基づき進めてきたPFI(公共事業における民間委託手法)事業「藤が岡二丁目地区再整備事業(藤-teria=ふじてりあ)」が13日竣工した。老朽化した保育園や職員住宅、看護師寮などを解体し、新たに公共施設と民間収益施設との複合により、スマートウエルネスタウンの実現を目指す施設として再整備したもの。公共施設は藤沢市、民間収益施設はミサワが『ASMACI藤沢藤が岡』として保有・運営する。

2021年03月18日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)