百年住宅グループ、沖縄でPCパネル販売によるVC展開=安定した品質と価格面アピール

百年住宅グループ(静岡市駿河区、中嶋雄社長)は1月からPC(プレキャスト鉄筋コンクリート)パネルの販売を行うボランタリーチェーン(VC)を沖縄県でスタートした。現在、県内の工務店に対して加盟募集を行っており、まもなく5社程度と契約が成立する見込み。沖縄県内ではRC造住宅の価格が高騰傾向にあるため、同社では(1)安定した品質(2)価格が坪80万円程度と割安(3)工期を約3分の1に短縮――という利点をアピールする考えだ。3月末には糸満市内にモデル住宅をオープンする予定であり、初年度には50棟の受注を目指している。

2021年02月25日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)