タマホームが沖縄でRC住宅、全国販売も構想 | 住宅産業新聞

タマホームが沖縄でRC住宅、全国販売も構想

タマホーム(本社=東京都港区、玉木康裕社長)は今月中旬、沖縄県に現地法人「タマホーム沖縄」を設立する。タマホーム沖縄は、タマホームの既存商品・木造軸組住宅のほか、グループ初となるRC住宅の扱いや、マンション販売を行う方向だ。RC住宅の3・3平方メートルあたりの建物価格は40万円台に設定したい考え。タマホームは2008年に北海道で札幌西店を開設しており、このたびの沖縄進出で全国展開の住宅企業となる。タマホームでは沖縄でのRC住宅販売後、時期をみて、沖縄以外の全国でもRC住宅の販売を始める構想だ。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)