大興ネクスタ「モデューラ平和台 アーバンヴィラ」、敷地を広く、建物をコンパクトに=ファサードデザインに注力

東京23区の城西・城南エリアで分譲および注文住宅を展開している大興ネクスタ(東京都練馬区、菅野良寛社長)は、2019年5月から練馬区内で販売を行った「モデューラ平和台 アーバンヴィラ」が全国住宅産業協会(全住協)が選考する「第10回優良事業表彰」の戸建分譲住宅部門を受賞した。「此処にしかない。オンリーワンの住まいを。」をコンセプトとし、敷地面積をこれまでよりも広めにとりながら生活がしやすいコンパクトな建物としており、そこでゆとりが生まれた敷地に植栽を配置した取り組みが評価されたもの。同社の物件はファサードデザインに注力しているのが特徴だが、外観のデザインコードは統一しながらも間取りや住まい方などでは1棟1棟つくりこんだ提案を行ったことが購入者からも評価をされた。同社では今回の分譲地を通してブランディング化を図っていく考えで、さらにデザイン性に優れた住宅の提供を推進していくとしている。

2021年02月18日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)