◎ビルダー各社、戸建て事業が好調=テレワークニーズつかむ◎ | 住宅産業新聞

◎ビルダー各社、戸建て事業が好調=テレワークニーズつかむ◎

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって春先に受注を落としていたビルダー各社の戸建事業が緊急事態宣言の解除後である6月以降に受注が回復している。特に分譲事業は、ファミリー層がコロナ禍によるテレワークをきっかけに住宅購入を検討する人が急増したこともあって、その結果が8、9月の受注に結び付いている。各社は集客が厳しい状況においてリモートによる商談を行うことなどで対応したほか、ワークスペースを求める需要にも応えたことが数字につながっているとみている。ここでは各社の決算から状況を分析した。

2020年12月03日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)