分譲住宅事業が好調に推移、コロナ禍で在宅時間が増え5月以降の数字に伸びをみせる | 住宅産業新聞

分譲住宅事業が好調に推移、コロナ禍で在宅時間が増え5月以降の数字に伸びをみせる

「自宅でWEB会議をしようとすると、家族はベランダに避難しないといけない」――。新型コロナウイルス感染拡大の影響により住まいに対する考え方が変わってきている。なかでも、テレワークの推進によって在宅時間の増加したため、ワークスペースを確保しやすい戸建住宅の潜在需要が高まりつつあることから、分譲住宅を供給するビルダーのなかには5月を境として数字を伸ばしている会社が見受けられる。その背景には新築マンションの価格高騰などの要因もあるが、一連の分譲住宅の動きは一過性なのか、ビルダー3社の動向を聞いた。

2020年09月17日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)