YKKAP、偏芯基礎部品など採用=普及帯カーポート「エフルージュ ファースト」やフェンス拡充 | 住宅産業新聞

YKKAP、偏芯基礎部品など採用=普及帯カーポート「エフルージュ ファースト」やフェンス拡充

偏芯基礎偏芯基礎

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は1日、普及価格帯カーポートの新製品「エフルージュ FIRST(ファースト)」を発売するとともに、アルミフェンス製品のバリエーションを拡充した。

いずれも昨年に一部の製品で導入していた「偏芯基礎部品」を設定、支柱を隣地境界に近い場所に打設せざるを得ない場合でも敷地面積や設置後のデザイン性により考慮できるよう工夫した。

「エフルージュ ファースト」は既存の普及価格帯カーポート「レイナワンポートグラン」と同じく1台駐車用にも両側支持タイプを導入、道路面からの見た目としてカーポートの屋根に水平ラインを作り、近年の戸建住宅の外観に採用されるキュービックデザインとの調和性を向上させた。

アルミフェンス製品のバリエーション拡充では、胴縁の分割ラインが入らない1枚フェンスの高尺サイズを新たに設定し、デザイン性と省施工性を求める声に応えた。

2020年04月16日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)