ミサワホーム=換気システムを新開発、邸別に換気量を最適設定 | 住宅産業新聞

ミサワホーム=換気システムを新開発、邸別に換気量を最適設定

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は、邸別換気量設定機能を搭載した「フロアセントラル換気システム」を開発し、今月から販売を開始した。

それぞれの建物の規模に合わせて最適な換気量で運転を行うため、不要な電力消費を防ぐとともに、冷暖房負荷低減や気流による不快感の低減、快適性の向上などにつながるという。

戸建住宅は、1時間に居室の容積の0・5回以上の換気量を持つ機械換気設備の設置が法律で義務づけられている。

必要な換気量は建物ごとに異なるが、一般的に流通している換気システムでは細かい換気量設定ができなかったという。

そのため、必要換気量を満たすために過剰な換気量を持つ機器を搭載しなければならず、省エネ性や快適性が損なわれるケースもあったとする。

2020年01月09日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)