パナソニックホームズ、宿泊事業が好発進=2019年度受注目標の54億円達成にメド | 住宅産業新聞

パナソニックホームズ、宿泊事業が好発進=2019年度受注目標の54億円達成にメド

ボンコンド なんばにっぽんばしボンコンド なんばにっぽんばし

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、井上二郎社長)は11日、大阪市内で19年度に本格参入した宿泊事業に関する記者説明会を開催し、同事業が計画を上回る勢いで拡大中とした。

今年度の宿泊事業の受注高は、4~11月までの8ヵ月間で既に昨年度実績の30億4千万円を突破。19年度受注目標の54億円の達成にメドがたったという。

主に敷地条件の厳しい東京都心での受注が好調で、1棟あたりの受注単価は想定を下回ったものの、受注棟数が計画を大幅に上回っている。

同社は宿泊事業を土地活用事業に位置付け、9階建てまで建設可能な工業化住宅と、運営を専門業者に委託する事業形態を強みに、2021年度に100億円の受注を目指す。

2019年12月19日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)