国交省の中央建設審議会、請負契約約款改正内容を承認、譲渡制限や責任期間を見直し | 住宅産業新聞

国交省の中央建設審議会、請負契約約款改正内容を承認、譲渡制限や責任期間を見直し

国土交通省の中央建設業審議会は13日、総会を開催し、民法改正に伴って設置された建設工事業標準請負契約約款改正ワーキンググループ(WG)で5回にわたって議論してきた内容の報告を受け、これを承認した。

WGで取りまとめた民間請負契約約款(甲・乙)と下請け契約約款改正の内容は主に、「譲渡制限特約」を認める内容を選択できるようにし、契約した工事に必要な資金調達を目的とする場合に、譲渡を実施できるようすることや、いわゆる「瑕疵」を発注者が通知すべき期間の見直しなど。

審議会の承認が行われたことから、今後約款を作成して建設業関係主体に勧告する。

2019年12月19日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)