新春の展示場来場者マイナス基調強まる、政府施策も「限定的」効果に | 住宅産業新聞

新春の展示場来場者マイナス基調強まる、政府施策も「限定的」効果に

2010年正月の展示場来場者は、例年よりいくぶん盛り上がりに欠ける内容だったようだ。昨年に比べ、年末年始の休業日が比較的少ない「休日の並びの悪さ」に加え、多くの地域で雪交じりのぐずつく天候の影響もあったものとみられる。

昨年末に政府が発表した、住宅ローン減税拡充や住宅版エコポイント実施への期待もあったが、具体的な内容まで踏み込んではいなかったことから、限定的な効果にとどまったもよう。また、新春キャンペーンなども「恒例化」しており、個々の展示場での個別事例にとどまり、集客自体への影響は少なかったものとしている。(本紙1月27日付から抜粋)

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)