サンヨーホームズ、日本アジアグループのTOBに「反対」 | 住宅産業新聞

サンヨーホームズ、日本アジアグループのTOBに「反対」

サンヨーホームズ(大阪市西区、松岡久志社長)は28日、日本アジアグループ(東京都千代田区、山下哲生会長兼社長)による株式公開買い付け(TOB)に「反対」の意見を表明した。久保田鉄工(現クボタ)を起源とする同社は、「鉄」を競争力の源泉としてきた。一方、日本アジアが提案する木材利用の実績はごくわずか。日本アジアの提案を実行しても、企業価値向上は見込めず、逆に毀損する可能性があるとした。サンヨーの株主に対して、公開買い付けに応募しないよう依頼している。買付期限の6月12日まで残り2週間を切った。TOBの成否は株主の判断に委ねられた。

2018年05月31日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)