日本アジアグループ、サンヨーホームズに木造戸建て提案=プレハブ戸建ての内装木質化も | 住宅産業新聞

日本アジアグループ、サンヨーホームズに木造戸建て提案=プレハブ戸建ての内装木質化も

日本アジアグループ(東京都千代田区、山下哲生社長)は4月26日、サンヨーホームズ(大阪市西区、松岡久志社長)の株式を公開買付の仕組みに則り最大33・34%を上限に取得する決議を行ったと発表した。日本アジアグループは住宅産業新聞の取材に対し、公開買付けでサンヨーホームズの経営に一定の影響力を行使できる状況が実現した場合、新たな戸建住宅の商品ラインアップとして木造を追加すること、現在扱っている鉄骨系プレハブ戸建ての内装材に木質建材をより多く採用すること――などの提案をサンヨーホームズに対し行いたいとの意向を示した。

2018年05月10日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)