大和ハウスの戸建分譲で中部初の電力融通、小規模街区で簡易・低コスト、将来の大規模化も視野

大和ハウス工業は、中部地区で初めて戸建住宅における街区単位での電力融通に参入した。

6日にモデルハウスを一般公開した戸建分譲地「セキュレア豊田柿本」(愛知県豊田市柿本町2―37―1)の21区画のうち3区画(3棟)と集会場、調整池に設置した太陽光発電(PV)システムを自営線で結んでエリア内での電力を融通。特徴は、対象棟数が少なく、特別な施設を必要としないため、簡易な方法、低コストなシステム構成でエネルギーマネジメントを可能にした。

同社では今後、3~4棟を1つの電力融通街区とし、多くの街区を接続することで大規模化する手法を検討し、街区単位のエネルギーマネジメントの普及・拡大を目指す。

2016年08月11日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)