「技術の伝承でつなぐ」新和建設・藤井保明社長

「東濃桧」など岐阜県産材や国産材を使ったこだわりの新築注文住宅をはじめ、古民家再生、大工の担い手育成など住宅建築に幅広く関わる新和建設(愛知県北名古屋市、藤井保明社長)。愛知県、岐阜県、三重県を中心に展開している同社の家づくりは「真面目に仕事をして、お客様とのお付き合いを大事にしてきた」(藤井社長)ことに尽きる。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)にも取り組む先進性と、大工職人の技術の伝承とを融合させながら年間200棟を建築している。昨秋には「大工育成ビジネスモデル」がグッドデザイン賞を受賞した。同社の今とこれからについて、藤井社長に聞いた。

2016年02月18日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)