【まちづくり特集2019】国内最大規模の「晴海フラッグ」、次世代エネルギーの水素をフル活用

全文公開中
水素の活用方法を紹介水素の活用方法を紹介

国内最大規模のまちづくり「晴海フラッグ」のエネルギー面では、地区内の水素ステーションからパイプラインを通じて各街区に「水素」を供給する予定だ。

送り込まれた水素は、各街区に設置された純水素型燃料電池(PEFC)で電気と熱に変わり、住宅の共用電力などに使われる。住宅共用部への水素供給は日本初という。

さらに、燃料電池「エネファーム」と蓄電池の両方を全住戸に採用するのも晴海フラッグが初めて。カーシェアリングでは水素カーを導入する。次世代エネルギーとして期待される水素活用でも先を行く。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)