UR団地を地域医療福祉拠点に、23団地で先行実施 | 住宅産業新聞

UR団地を地域医療福祉拠点に、23団地で先行実施

都市再生機構は23日、地域の医療福祉拠点として活用する23のUR団地を公表した。

2018年度までに100団地程度で実施する予定だが、先行して23団地を選定。このうち豊島5丁目団地(東京都北区)での取り組みを同日、報道関係者向けに公開した。

住み慣れた地域で高齢者が最後まで暮らし続けることができる住環境づくり「健康寿命サポート住宅」の取り組みで、既存のUR賃貸の住戸を改良すると共に、イベントなどで入居高齢者が出歩く機会を設けるなどハード、ソフトの両面で健康寿命の延伸に対応。11月14日から入居者の募集を開始し、内覧会の来場者や入居者の意見を収集する。

「健康寿命サポート住宅」は、手すりの設置など転倒防止に配慮した住戸の改装を行うことで、ケガをしにくい・させない住宅として衰弱・要支援・要介護への移行を遅らせる。加えて、広場や公園、「落語と体操」などのイベント、コミュニティスペースでの活動など散歩したくなるような屋外空間や豊富な社会参画の機会を創出し、健康寿命を延ばす。

2014年10月30日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)