長期優良改修に最大200万円補助、フラット35の10割融資は金利0・4%上乗せで調整 | 住宅産業新聞

長期優良改修に最大200万円補助、フラット35の10割融資は金利0・4%上乗せで調整

政府は、12日の臨時閣議で経済対策を実行するための補正予算案を決定した。

政府全体では5兆4956億円の規模で、最大200万円を補助する住宅の長寿命化に対する先導的リフォーム支援や住宅金融支援機構の「フラット35」における頭金なし融資(10割融資)などに67億7700万円を計上。また、家庭用燃料電池(エネファーム)の導入補助や、ネット・ゼロ・エネルギー住宅・ビルのための高性能設備機器導入支援などに350億円、木材利用ポイントの延長やCLT(直交集成板)の早期実現化支援などに155億円を計上した。

住宅関連は、木材利用ポイント以外は9月の14年度予算概算要求に盛り込まれた内容を前倒ししたものが目立つ。一方、消費税引き上げに伴う現金給付「すまい給付金」に1600億円、東日本大震災被災者の住宅再建に伴う現金給付「住まいの復興給付金」に250億円と合計1850億円を給付金にあてた。

2013年12月19日付け5面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)