国土交通省=震災後の省エネ政策、住宅は加速方向へ | 住宅産業新聞

国土交通省=震災後の省エネ政策、住宅は加速方向へ

国土交通省は6日、社会資本整備審議会環境部会・交通政策審議会交通体系分科会環境部会合同会議を開催した。

震災後初めて同省の政策分野において環境政策の動向と今後の取り組みについて議論。同省の環境政策は、原発事故を契機にした政府全体のエネルギー政策見直しが影響するものの、見直しの具体像はまだ示されていない。ただ、同省による今後の温暖化対策として、従来からの議論であるエコタウンや公共交通機関の活用に加え、ゼロエミッションハウスや太陽光発電の設置導入など低炭素社会を支える技術革新をあげている。住宅・建築物については、政策の大きな内容変更はないものとみられる。

2011年6月9日付け8面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)