民主党が予算見直し明言、既存住宅やリフォーム重視へ | 住宅産業新聞

民主党が予算見直し明言、既存住宅やリフォーム重視へ

政権を獲得した民主党は、予算の組み替えを明言しており、各省庁の2010年度予算の概算要求で示された政策が見直される見通しだ。民主党のマニフェストに示された住宅政策をみると、持ち家偏重を改め、高齢者や障害者、子育て世帯に対応できる賃貸市場の活性化などセーフティネットや既存住宅の活用、リフォームを重視する姿勢を打ち出している。今回、国土交通省が概算要求で示した政策も、高齢者などが安心して暮らせる住宅セーフティネット対策の充実や、既存住宅・リフォームの整備など、民主党のマニフェストを意識した内容となっている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)