6月から建築確認手続きの運用改善 | 住宅産業新聞

6月から建築確認手続きの運用改善

国土交通省は22日、建築確認手続きの運用改善の方針を発表した。確認審査の迅速化と申請図書の簡素化、厳罰化を6月中に実施。小規模な木造戸建て住宅に対する建築確認・検査の特例である4号特例については、当面の間継続するとした。

確認審査の迅速化では、70日の審査期間を半減するため、確認申請書類の補正対象の拡大や、確認審査と構造計算適合性判定審査の並行審査、チェックリスト告示項目の9割削減、「軽微な変更」の対象拡大などを行う。申請図書の簡素化では、構造計算概要書の廃止や建築設備に関する申請図書の簡素化、建築材料・防火設備などに関する大臣認定書の省略が主なものとなる。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)