照明デザインアワードのグランプリが決定、「京橋こども園」などが受賞

環境省は17日、「省エネ・照明デザインアワード2014」の受賞作品を発表した。グランプリの環境大臣賞は、公共施設・総合施設部門の「京橋こども園=写真=」(東京都中央区)と、商業・宿泊施設部門の「マークイズみなとみらい」(神奈川県横浜市)、まち、住宅、その他部門の「首都圏中央連絡自動車道・相模原愛川IC~高尾山IC間のトンネル」の3施設。このほか、優秀事例受賞として17施設が選ばれた。

同省は、商業施設やオフィスなどの業務部門において、CO2排出量の約2割を占める『照明』の省エネ対策をより一層推進するために同アワードを開催。優れた省エネ効果と高いデザイン性を両立した施設を表彰する。グランプリを獲得した3施設と優秀事例受賞施設17施設は、3月6日に東京ビッグサイトで行われる表彰式で表彰されるほか、同日開催予定の「ライティングフェア2015」メーンステージでも紹介される。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)