エクソル、PV EXPO2015に出展

太陽光発電システム専門企業のエクソル(京都府中京区、川勝一司代表)は、25日~27日に東京ビッグサイトで行われる太陽光発電総合イベント「第8回国際太陽電池展――PV EXPO2015」の出展概要を発表した。総面積243平方メートルの大空間に、住宅用太陽電池モジュールなどの幅広い商品群を展示する。

同社の今回の展示コンセプトは、「NEXT SOLUTION~エクソルだからできる、新しいソリューション~」で、住宅用太陽電池モジュールから工場・倉庫の屋根や大規模発電所用ソリューションまで、幅広いラインナップを披露する。また、システムインテグレーターとしては、EPC(設計・調達・建設)に加え、O&M(オペレーション&メンテナンス)を包含した、一気通貫によるサービスも提案する。

同展示会のスペシャルサイトを同社ホームページ内にオープンしており、出展製品の事前情報を取得することも可能だ。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)