親子で浴育、風呂文化研究会がWEB絵本を発行 | 住宅産業新聞

親子で浴育、風呂文化研究会がWEB絵本を発行

「お風呂をもっと楽しく豊かに気持ちよくしたい」と考える企業8社で構成される風呂文化研究会(代表=東京ガス都市生活研究所所長・中塚千恵氏)は、親子向け浴育WEB絵本『おふろにはいろう!』を発行した。

内容は、小学生低学年までの親子を対象に、お風呂の役割についてイラストや文字、クイズなどでわかりやすく紹介している。監修は、日本温泉療法医会顧問で医学博士の植田理彦氏。絵本は全25ページとなっており、ダウンロードして印刷することもできる。

浴育とは、親子で入浴の役割や安全で快適な入浴方法、入浴の楽しみ方について学ぶこと。子どもの頃から、入浴の基本である「ぬるめのお湯の半身浴」を習慣づけることが、成人になってからの「リラックス浴」や中高年以降の「安全浴」につながるとしている。同研究会が2008年3月に発表したレポート『浴育のすすめ』は、第3回キッズデザイン賞を受賞した。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)