京橋のLIXILギャラリー=3月から3ヵ月限定のミニシアター、隈氏の作品など上映

東京・京橋のLIXILギャラリーは、3月12日から5月23日の3ヵ月間限定で、ギャラリーの2階に「ぎんざ遊映坐」という名のミニシアターを開館する。入場料は無料。建築家の隈研吾氏監修のもと、映画作家の岡博大氏が4年半以上密着して撮影した隈氏のドキュメンタリー映画を中心に上映する。

同展示会は「クリエイションの未来展」の第3回。日本の建築・美術界を牽引する4人を監修者に迎え、3ヵ月ごとの会期で、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化する。

今回の展示会は「岡博大展―ぎんざ遊映坐 映智をよびつぐ―」。隈氏の建築プロセスを記録したドキュメンタリー映画と、東北の伝統職人「気仙大工」棟梁に密着した作品など、約15分の短編作品を上映する。会期中、各作品とも制作を続ける。映画の制作プロセス自体も作品として公開する、「ドキュメンタリー・イン・プログレス」の手法を取り、順次、続編を公開していく。

上映は、隈氏が設計・試作した竹素材のモバイルシアターで行う。岡氏は「『遊映坐』という新たな映画空間の可能性を体感してもらいたい」とコメントを寄せた。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)