タカラ、新東北物流センターで商品安定供給 | 住宅産業新聞

タカラ、新東北物流センターで商品安定供給

タカラスタンダードは、東北地方の商品流通の拠点となる「東北物流センター」を宮城県名取市内に新設した。

旧東北物流センターに隣接しており、規模は約3倍に拡張され、国内では4番目の規模になる。福島県郡山以北の東北エリアを範囲に、東日本大震災の復興需要やマンションなどに対して、安定的な商品供給を担う。

新しい東北物流センターは、これから本格化する東日本大震災の復興需要に対して、安定した商品供給を行うには従来の物流センターではさばききれないと判断したため。倉庫機能は従来の3倍となり、災害公営住宅などの大量の商品を一度に供給しなければならない物件などにも対応可能となる。

このほか、長期化が予想される復興需要に加えて、東北エリアでの販売数量の好調な伸びも物流センターを新設した要因のひとつとした。「東北の地に根ざした事業を展開」(渡辺岳夫同社社長)する。

2014年08月07日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)