シャープが「節電を極める家」実証、少ない電力で快適性保つ近未来の生活追求 | 住宅産業新聞

シャープが「節電を極める家」実証、少ない電力で快適性保つ近未来の生活追求

省エネ家電と見える化、HEMS、直流給電に、創エネ・蓄エネ機器(PV・電気自動車・蓄電池)を組み合わせて、電力消費量プラスマイナスゼロを目指す――。

シャープは、グリーンフロント堺(大阪府堺市)の敷地内に建設した実証実験棟「エコハウス」で、家電制御技術などの実用化に向けた検証を進めている。コンセプトは「節電を極める家」。壁一面に設置した180V型相当の大型液晶ディスプレイを活用して表示機器のあり方も検証。少ない電力で快適性を保つ近未来のライフスタイルを追求する。

2011年8月11日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)