住宅用ドアの新商品相次ぐ、需要の高まり想定した戦略商品に | 住宅産業新聞

住宅用ドアの新商品相次ぐ、需要の高まり想定した戦略商品に

建材メーカーが、使い勝手や選びやすさなどに配慮した住宅用ドアのラインアップを充実させている。

大建工業は超高齢社会に向け、福祉施設や一般住宅対応の高齢者ドアを刷新した。三協立山アルミは、『毎日の使いやすさ』にこだわった女性目線の商品シリーズ第4弾を投入。ウッドワンは、人気の無垢うづくり仕上げのドアに、低価格で選びやすい価格設定のドアシリーズを新設している。需要の高まりを想定し、各社とも戦略商品に位置づける。

大建工業は「高齢者居住施設向けドア」を発売した。高齢化社会が進むなか、高齢者向けの施設や住宅への需要の高まりを受け、従来品(スマイエ巾広吊戸)から色柄・デザイン、納まり対応を大幅に拡充させた。

2011年4月21日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)