タカラスタンダード2023年3月期第1四半期決算、資材高で利益13%減=売上高は過去最高を更新

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)が2日に発表した2023年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比13%減の32億円だった。

売上高は9%増の543億円で第1四半期業績として過去最高を更新した。減益は同社を支えるホーロー製品の主要資材である普通鋼鋼板と、ステンレス鋼板の調達価格高止まりが主要因で、営業利益毀損額13億円の約半分が普通鋼とステンレスの調達価格上昇による。

記録的な増収の市場分野別増加率は「リフォーム」10%程度、「新築住宅(戸建て+マンションの合計)」10%程度。「新築住宅」は『戸建て』『マンション』とも売上げを伸ばした中で「特に『戸建て』の伸びが大きかった」と同社は説明している。

2022年08月09日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)