◎美和ロック、顔認証電気錠の商品化検討=セキュリティ向上で、早ければ2020年度下期に◎ | 住宅産業新聞

◎美和ロック、顔認証電気錠の商品化検討=セキュリティ向上で、早ければ2020年度下期に◎

美和ロック(東京都港区、川邉浩史社長)は施解錠の要素の一つに顔認証が必要な住宅用電気錠の商品化を検討している。施解錠時のハンズフリー化による利便性に加えセキュリティー性を向上させることが目的。早ければ2022年度下期に商品化したい意向。その第1弾は分譲マンション向けとなる見込みで、その後は戸建住宅用でも商品化につなげたい考えだ。また、これと並行して、今後の社会変化を視野に入れキーとネットワークをリンクさせる取り組みも進めるとしている。

2021年04月15日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)