◎タカラスタンダード渡辺社長、「収益力強化継続が最重要」と=〝求めるもの〟短期的には変わらず◎ | 住宅産業新聞

◎タカラスタンダード渡辺社長、「収益力強化継続が最重要」と=〝求めるもの〟短期的には変わらず◎

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)の渡辺社長は4日にオンラインで行った2021年3月期第2四半期決算説明会における質疑応答の中で住宅産業新聞の質問に答え、新型コロナウイルス感染拡大で生じた「新しい日常」下での事業活動について、大きな施策変更を行う必要ななく、今年度から本格的に着手している収益力強化の各種施策を継続・強化していくことが最重要課題だと説明した。また、今後の新規事業領域の拡大にあたっては常識や過去の成功体験にとらわれない人材が必要で、そうした人材を適切に評価するには人事の考え方も変えていかなければいけない――との認識を示した。渡辺社長との質疑応答は次の通り。

2020年11月12日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)