震災で地震対策を重要視傾向、ワンダーグリーンPR事務局調査 | 住宅産業新聞

震災で地震対策を重要視傾向、ワンダーグリーンPR事務局調査

ワンダーグリーンプロジェクトPR事務局は、このほど震災後の住宅購入の意識調査結果を公表した。

それによると、震災後の住宅購入条件が変化したとの回答が58・4%に達し、東日本大震災の影響を反映した結果となった。選び方が変わった約6割の人を対象に、変わった点を質問したところ最も多かったのが「耐震・免震構造の家」で75・6%、次いで「地盤(土地)」の66・7%となった。同調査では、震災による地盤沈下や液状化、家屋の倒壊などで、住宅選びのポイントが耐震や地盤なども意識されるようになったとしている。

2011年9月1日付け8面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)