震災以降の住宅商品に求められるデザイン=グッドデザインエキスポ公開プレゼンテーション(上) | 住宅産業新聞

震災以降の住宅商品に求められるデザイン=グッドデザインエキスポ公開プレゼンテーション(上)

公益財団法人日本デザイン振興会は8月26~28日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイトでグッドデザインエキスポを開催した。最終日の28日には、すまいのデザインユニット審査委員長の難波和彦氏、同ユニット審査委員の手塚由比氏、建築・土木・環境のデザインユニット審査委員長の北山恒氏と、大手ハウスメーカー4社による公開プレゼンテーション「ハウスメーカーの現在――3・11以降」を行った。

4社の近況説明を聞いた北山氏は「震災で(戸建住宅に関する)さまざまな問題が顕在化した」と見解を述べ、「将来、戸建住宅商品がマーケットとして存在するのか」と、住宅業界が直面する課題を示した。

北山氏は「住宅商品単体の性能が良い悪いというのではなく、地域社会を形成したり、人と人とを関係付ける『装置』としての戸建住宅が(良いデザインとして)求められるのではないか」と持論を展開した。震災以降に顕在化した課題を、デザイン面から鋭く指摘した北山氏の発言をまとめた。

2011年9月1日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)