10年度第1四半期のキッチン出荷実績はほぼ前年並み | 住宅産業新聞

10年度第1四半期のキッチン出荷実績はほぼ前年並み

キッチン・バス工業会は、2010年度第1四半期(4―6月)のキッチン出荷実績をまとめた。システムキッチン(SK)と、流し台や調理台などが独立しているセクショナルキッチンを合わせた全キッチンの出荷台数は約34万セットで、ほぼ前年並みとなった。

内訳をみると、SKが約22万セットで全体の65%を占める。

価格帯別では、基準セット価格75万円以上の高級品が減少し、普及・中級品が前年並みを維持した結果、キッチンの低価格化が進んでいる。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)