住団連、1月度経営者の住宅景況感調査、金額プラスも戸数マイナス

一般社団法人住宅生産団体連合会は1月31日、1月度の「経営者の住宅景況感調査」報告を公表した。それによると、総受注戸数でマイナス15ポイント、総受注金額で4ポイントと、総受注戸数で3期連続マイナス、総受注金額は2期連続のプラスを維持した。コメントでは「戸数は増えなかったが、単価は伸びた」と全体の基調を反映した意見とともに「決断が先延ばしになる傾向」、「商談が長期化」と受注の決め手がない状況も伺えるコメントが多かった。1―3月期の見通しでは「昨年の好調な集客によりプラスを予測」、「株価上昇に伴い、高所得者層の需要増が予想」など強気のコメントもあり、総受注戸数で19ポイント、総受注金額で29ポイントと二ケタプラスへの回復を見込む。
調査は、同連合会会員18社の住宅の受注動向を把握している経営トップに対して行ったもので、3ヵ月に1度実施。景況判断指数(DI値)とし(1)戸建注文住宅(2)戸建分譲住宅(3)低層賃貸住宅(4)リフォーム――を公表している。

2017年02月02日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)