マンション計画修繕施工協会、マンション大規模修繕工事フォトコンテストを実施 | 住宅産業新聞

マンション計画修繕施工協会、マンション大規模修繕工事フォトコンテストを実施

マンション計画修繕施工協会(坂倉徹会長氏)は16日、マンション管理組合・居住者に大規模修繕工事の必要性をより広く認知してもらうことを目的とした「MKSフォトコンテスト2014」の入賞・入選作品を発表した。応募は166点で、入賞は国土交通大臣賞が「休憩時は和気藹々」(兵庫県:宮田敏幸氏)、土地・建設産業局長賞が「富士山が見守る工事現場」(神奈川県:野村道夫氏)、住宅局長賞が「素敵な思い出、シーリング体験」(大阪府:鈴木陽子氏)。入選10作品も選出した。

コンテストは、協会が国土交通省「住宅リフォーム事業者団体登録制度」の第1号として登録されたことを機に実施したもので、受賞作品は4月20日~5月1日まで国交省1階展示コーナーに展示される。協会では6月10日の定時総会の際、表彰式を行う予定だ。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)