富士通総研経済研究所、レポート「所有権不明の土地が提起する問題」で空き家除却費、事前徴収を提案

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 富士通総研経済研究所は19日、所有者が不明の空き家に対する除却費用を固定資産税の中に含める事前徴収案と、管理放棄地の処分案として土地の所有と利用を分離する利用権設定を提案した。同研究所の米山秀隆主席研究員がレポート「所有権不明の土地が提起する問題―除却費用の事前徴収と利用権管理の必要性―」としてまとめた。
 まず、除却費用の事前徴収案については、空き家の除却費用は本来は所有者が負担すべきであるのに、現状では地方自治体による除却助成や除却費用回収の見込みにくい代執行によって公費が投入されるのは、公平性を欠くと指摘。そこで、自動車のリサイクル費用の事前徴収にならい、毎年の固定資産税に除却日相当分を少しずつ上乗せして徴収する仕組みを導入すべきとした。所有者不明の場合でも除却費の心配はなくなり、自ら除却する場合は還付するとした。米山主席研究員は「普通の一戸建て(の除却費用)は150万円から200万円なので、200万円もとればいい。ただ、購入時に一括で徴収するには負担が重いので何年かにわたって徴収すればいいのでは」とした。

2016年10月27日06面_住宅産業

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)