都市型注文住宅で緑化提案訴求力強まる、制約ある敷地で外構・内装で緑化工夫

2017年11月09日01面_住宅産業

 都市型注文住宅において、緑化提案の訴求力が強まりつつある。「『ガーデニング』に関するアンケート」(ネットリサーチ「DIMSDRIVE」実施)によると、注文住宅のメーンターゲットである40歳以上の男女の約半数が「花や緑のある生活」をしたいと回答している。受注環境が厳しい中、緑化提案は堅調な都市部での受注を獲得する武器の一つとみることもできる。ただし、都市部においては敷地に制約があり、十分な庭のスペースを取れないケースも多い。そういった中で、敷地のプラン段階から狭いスペースを工夫して緑化する提案や、リビングなど長く過ごす家の内部で緑化する提案も登場している。都市部のユーザーに向けたハウスメーカー各社の緑化提案の取り組みを紹介する。


2017年11月09日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)